質の高い睡眠~環境4つのポイント

眠っているときに分泌される成長ホルモンは美肌を作るのにも非常に大切です。
成長ホルモンは入眠後の深い眠りの3時間に集中して分泌されるます。
よりよい睡眠を得るために、睡眠環境について気を付けてるべき4つのポイントについてです。

 

1・温度と湿度

暑すぎても寒すぎても適しません。湿度もしかりです。
心地よいと感じる温度・湿度から大きく外れると身体がストレスを感じます。
良い眠りの為にはストレスは大敵ですのでエアコンなど上手に活用して快適な温度を保ちます。

温度管理はしても湿度は気にしない人が多いですが、夏は除湿、冬は加湿して気持ちよく過ごせる湿度管理をしましょう。 私は電波時計と一緒に温度湿度が表示されるタイプのものを使っていますが、観察すると適温から外れていると寝つきが悪かったり眠りが浅いことが多いと感じます。

2・寝具

 

身体に合った寝具選びは重要です。 毎日使うものだからきちんと良い物を選びましょう。 マットレスは固めが良いです。身体が沈む柔らかいものでは身体を支えることが出来ません。固めだと寝返りが打ちやすいので身体(特に腰)の負担が少なくてすみます。

枕は高さの合ったもの、あるいは高さの調節が出来るものが良いです。高すぎると首にシワが出来る原因にもなります。 枕やマットレスは、百貨店などの寝具コーナーで試すことができるので、購入前に出来るだけ試して納得のいくものを選んでください。

3・光と音

寝る1時間前位から明るさを調節して暗めにしていきます。色の調光が出来るならば黄色・オレンジ系の暖色にします。白色蛍光灯のみの場合は間接照明などに切り替えるのも手です。 睡眠中は明かりを消して暗くします。

カーテンの端を開けておいて朝太陽の光を入れることが出来ればベストです。しかし都会では夜の灯りが強すぎます。遮光カーテンをして朝カーテンを開けましょう。

4・パジャマ

 

寝るときはパジャマを着て寝ましょう。 ジャージとか着なくなった服を寝間着にするのはよくありません。きちんと汗を吸ってくれる寝る為の服に着替えて寝ることが望ましいです。パジャマは天然素材推奨です。

イチオシはシルクのパジャマです。 値段は張りますが、とても着心地がよく肌に馴染んでくれます。またシルクは肌を綺麗にしてくれますのでエステ効果もあります。

最初はパジャマにこんな高級なものを…と思いながら快眠のためと取り入れましたが、着てみてびっくり!とても柔らかくてストレスがなく気持ちいい! 冬でも暖かいので一枚で十分です。肌トラブルがある方、少しでもストレスを減らしたいと思っている方にはシルクはマストだと思います。

 

 

眠りの環境のための4つのポイントをあげてみました。

もし気になる点があったなら改善してみることで、より良い眠りを得られるでしょう。 眠りのためだけでなく美容のためにも、環境を整えることは大事です。

良い眠りは美容の基礎であり健康に痩せるための第一歩です。 ぐっすり眠ってキレイの素をつくりましょう☆

 

スポンサーリンク
おすすめの記事