ドライフルーツおすすめ3種類

ドライフルーツは糖質があるためダイエット中や糖質制限中だと避けてしまいがちです。

しかしドライフルーツは栄養価が高いのでダイエット中のおやつにするのがオススメです。

デーツ(乾燥ナツメヤシ)

f:id:phantasm-takarazuka:20161119180345j:plain

アラブの美容食」とも言われるデーツ。

メソポタミア文明時代からある食物でとても栄養価が高く、アフリカやペルシャでは主要な食べ物です。イランでは妊娠中の女性がデーツを食べると元気な子供が生まれてくるという風習があるそうです。

ダイエット効果が高いと言われる所以は、豊富な食物繊維です。プルーンと同じ位の食物繊維の含有量があり、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類の食物繊維が含まれているのでどんなタイプの便秘解消にも効果的です。

ビタミンB群も多いデーツは、脂質を燃焼させるビタミンB2と糖質をエネルギーへと変えるビタミンB1が含まれています。またマグネシウムの腸内環境を整えてお通じをよくする働きに加えて、鉄分は代謝を良くして脂肪を燃焼させることができます。

それ以外にもデーツに含まれるビタミンAは視力維持・夜盲症の予防や改善に目に良い食べ物としても知られています。

 

Made in Nature, オーガニックDeglet Noorデーツ,6 オンス (170 g)

ドライパイナップル

f:id:phantasm-takarazuka:20161119180353j:plain

ドライのパイナップルには食物繊維カルシウムが多く含まれています。

ダイエット中は不足しがちな食物繊維ですのでおやつで賢く補給しましょう。また万年不足しがちなカルシウム補給にも適しています。

ファイバーパイナップルは普通は捨ててしまう芯の部分を使っています。

嚙みごたえがありよく咀嚼して食べるので少量でもかなり満足度が得られます。ダイズ状にカットしてパンに混ぜたり豚肉巻きにするなど料理にも活用の幅が広い、隠れたオールラウンダーです。

 

Made in Nature, オーガニック パイナップル, 3 oz (85 g) 

 

ドライクランベリー

f:id:phantasm-takarazuka:20161119180340j:plain

以前読んだ健康の為に取り入れたい食品ベストという記事で堂々の一位がクランベリーでした。

それ以来クランベリーに注目して、取り入れようと生のものを探しましたが、クランベリーはとても酸味と渋みがすごく生で食べられることは殆どないそうです。ジュースやシロップ漬けとドライで流通していることが多いです。

効能では膀胱炎の改善やむくみの解消に効果的です。

クランベリーに含まれるプロアントシアニジンはビタミンEの50倍の抗酸化力を持っています。この強い抗酸化力を持つことから1世紀以上前から航海士に万能薬として持たせていたと言われています。

またプロアントシアニジンは美容にも良く、コラーゲンやエラスチンと結合して美白しわ対策にと活躍してくれます。

 

 

ダイエットおやつ・美容食

最近はコンビニでもドライフルーツをみかける程になりました。

レーズンやプルーンなど馴染みのあるドライフルーツから「え?こんなフルーツが?」というものまで様々です。

どのドライフルーツも生よりも栄養価がぎゅっとつまっています

水分が抜けることで食べごたえもあります。噛むことで満腹中枢が刺激されるので少量でも満足感が得られます。

栄養価が高く、ダイエット中に最適なおやつです。しかしカロリーは決して低い訳ではありませんので、くれぐれも食べ過ぎには注意が必要です。

またドライフルーツは生のフルーツと違って身体を冷やしません

身体を冷やす効果があると言われる南国のフルーツ(自分が住む所より南のものは身体を冷やす)でも、栄養価と甘味を楽しむことが出来ます。冷え性の人でも安心して食べられます。

栄養がギュっとつまっていてまさに食べるサプリメントです。

美容食としても、ダイエットおやつとしても上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事